壁紙を張り替える際には、天井クロス、壁クロス、CF、ハバキの順番で替えるようにしましょう。

壁紙・床張替え

 

壁紙を張り替える時には、クロス屋に依頼することになると思いますが、
平均で幾ら位費用がかかるかを記載しようと思います。

 

リビングや洗面所、トイレ、玄関などで値段は違いますが、
玄関は7mまでで4万5,000円、洗面所でも4万円~5万円、リビングなどは6帖で5万円、
10帖くらいになると7万円以上というのが相場と言えます。

 

これらの業者がやるクロス張替えをDIYでやると、
大変ではありますが、かなりの節約になると言えます。

 

 

必要な道具

 

まず、新しく貼りたい壁紙や床材を買ってくる必要があります。

 

床材や壁紙は、
近くのホームセンターやディスカウントショップで購入すると節約が可能になります。

 

張替えの注意点

DIYで張替えをする際に注意しなければいけない点として、
重ね貼りはしない方が良いと言えます。
密着性などが弱いと空気層が出来てしまい、カビが発生してしまうからです。

 

床張替えで必要になる道具なども、ホームセンターや100円ショップで購入した物が使えます。

 

床張り替えの道具には、

  • 地ベラや撫でハケ
  • 接着剤用のコテ
  • ジョイントローラー
  • カッターナイフ
  • 床用ボンド

などを用意すると良いでしょう。

 

 

 

床張替えの素材にはクッションフロアがおすすめ

 

使用する素材は、クッションフロアにすると水回りにも良いと言えます。
キッチンや洗面所、トイレなどに使用することをおススメします。

 

にこやかな女性のバナー

クッションフロアのメリットを幾つか挙げると、

  • フローリング材よりコストが低く節約になる
  • 除菌・抗菌や防カビ加工されているものが多い
  • カッターなどで調整出来るのでDIY向き
  • メンテナンスが必要ない

などがあります。

 

床張替えの素材には、クッションフロアの利用をおススメします。

 

また、壁紙なども、探せば激安のものもありますし、
和風、北欧風など、部屋のインテリアに合わせてお洒落な物もたくさん売られています。

 

節約に生かすなら、安いものでも内装に合わせた壁紙を選ぶと
価格は安くても見栄えの良い壁紙にすることが可能です。

 

DIYで壁紙を張り替える時には、順番として、天井クロス、壁クロス、CF、ハバキと替えるようにしましょう。